Tel:052-211-7194受付:平日9:30~16:00

名古屋鞄協会からのお知らせ

(1)事務所移転のお知らせ
事務所新住所
〒460-0011
名古屋市中区大須二丁目2番6号(水野鞄店2階)
新電話番号
052-211-7194

(2)第3回目のコロナワクチン職域接種を御園座などで実施


協同組合名古屋鞄協会が中小企業の組合・団体に呼びかけ実施するコロナワクチン接種。3月23日、24日御園座での職域接種など、3回目の接種を名古屋通信ビルホール、名古屋市工業研究所ホールなどで行いました。今回は対象を一般市民にも拡大し、LINEによる申し込みで、4月30日まで実施。申し込みは18歳以上でこの写真のQRコードからアクセスできます。




(3)インボイス制度の説明会を開催


インボイス制度って何でしょうか?
令和5年10月から、消費税の仕入額控除の方式が適格請求書等保存方式になることです。
名古屋鞄協会では、3月3日(木)名古屋国税局の担当の指導専門官による説明会を、名古屋バッグ協同組合、名古屋帽子協同組合と合同で名古屋文具会館5階で開催しました。
当日は、窓を開放するなどコロナ対策をして、30名以上のメンバーが説明や質疑応答により、制度導入に備え理解を深めました。


(4)名古屋鞄協会が企画したコロナワクチンの職域接種が実現しました。

8月29日から9月上旬にかけて名古屋市中区役所ホールと熱田区の名古屋市工業研究所ホールで職域接種を実施しました。

6月に国へ申請してから決定までに2ヶ月を要したため、当初職域全体で11000人の申し込みがありましたが、この間に地域で接種を受けられた方も多く、約8割のキャンセルが発生しました。

大量のキャンセルにより余ったワクチンを有効活用するため、名古屋民間保育園連盟など他団体へも呼びかけ、園児の保護者をはじめ、接種を希望する大勢の方にワクチン接種の機会を提供できました。

この取り組みが反響を呼び、多くの新聞・テレビに取り上げられ報道されました。

・「職場接種」で余ったワクチンを“職場の人”以外に接種します…高校生や保育園児の親「ありがたい」 9/5(日) 16:34配信 CBCテレビ

・47の保育園が休園…「急激にお子さんの感染による休園増えた」園児の保護者等対象にした“職域接種”実施 9/5(日) 18:39配信 東海テレビ

・新型コロナ感染拡大 保育園児の保護者向け職域接種始まる 名古屋市 9/6(月) 9:07配信 中京テレビNEWS

・保育・幼稚園の保護者にワクチン 職域接種LINEで予約 9/1(水) 中日新聞(朝刊)

・職場接種、住民受け入れ 余ったワクチン有効活用 中部の企業・商店組合 9/3(金) 日本経済新聞

↑ PAGE TOP